実物は完成後まで見られないので実際の生活のイメージがしづらい

工務店のデメリットとは

注文住宅を建てる場合には、ハウスメーカーやビルダーなどを選ぶことができますが、フルオーダーで建てたい場合には地域に密着した工務店を選ぶという選択肢もあります。 工務店はモデルルームなどを設けていないため宣伝費などがかかっていない分、比較的リーズナブルな費用で注文住宅を建てられます。 ただし、独創的なプランを依頼することが難しかったり、最新設備機器に対する知識が工務店によって差がある、展示場がないためイメージがつかみにくかったり、実物は完成後まで見られないため実際の生活がイメージしにくいというのもデメリットです。 設備を実際に見て使用感などを確かめたい場合には、住宅設備機器メーカーのショールームまでいく必要があります。

工務店選びをする場合には

様々なデメリットがありますが、それでも比較的リーズナブルな費用で注文住宅を建てることができたり、建築現場の状況に応じて施工方法を変えられるなど柔軟な対応をしてもらえるのは大きなメリットです。 そんなメリットを生かす場合には、工務店選びが重要となってきます。 工務店によって技術に大きな差があるため、きちんとした基準を知っておくことで満足のいく家造りができるようになります。 選ぶポイントとしては「住宅完成保証制度」に加入しているかどうかチェックします。この制度に加入している工務店を選べば、工務店が倒産した時でも生じた追加費用や前払金などを保証してもらえます。 また、どんな住宅を作っているかもチェックします。施工事例などを見て、デザイン志向や得意とする工法なども確認します。