一生で一番高い買い物ともいわれているマイホームですが、マイホームには建売住宅と注文住宅の二種類があります。そして、ここでは注文住宅に関するメリットとデメリットをご紹介します。これからマイホームを購入しようとしている方の参考になれば幸いです。

注文住宅のメリット

すでに建物が完成している建売住宅に対して、個人の要望を取り入れ一から建築するのが注文住宅ですが、そのメリットには何があるのでしょうか。ここでは注文住宅のメリットについていくつかご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

自分の好みを反映できる!自由度の高い注文住宅

家を建てる人の希望するデザインや、間取りのアイディアを注文住宅は反映させることができます。注文住宅を選ぶ人が多い訳は、メリットとして自分の気に入るようにカスタマイズが可能なことです。さらに室内だけ…

建築現場を確認できるので安心

家を検討するにあたり、建売と注文住宅の選択肢があります。それぞれにメリットとデメリットがありますが、まずはそれを確認していきましょう。建て売り住宅のメリットとしましては、建っている状態の内覧が出来…

こだわるところはこだわる!注文住宅では予算を調整できる

削れる部分はどのようなところか

注文住宅を建築する場合には、ある程度自分で予算を決めることができます。もちろん必要最低限の予算は必要になりますが、あまり気にせずにお金をかけようとすると予算オーバーになってしまうでしょう。そこで、どのようなところを削ることができるかといえば、まず一つは素材になります。例えば、注文住宅の床を見るとフローリングの家は少なくありません。フローリングも、合板と呼ばれる板を使うことで安く仕上げることができるでしょう。逆に、無垢材の場合には天然の樹木をそのまま使うことになりますので、肌触りが良いメリットあるものの金額は高くなるでしょう。その一方で、外壁なども塗料を少し安いものにすることで予算を削ることが可能になります。

間取りをすっきりさせる

注文住宅の間取りは、複雑にしようと思えばいくらでも複雑にすることができます。ですが、立派の素材を使わなかったとしても、家の形や間取りが複雑なだけでお金がかかることが考えられます。基本的に、お金がかからない家は上から見た時に正方形か長方形の家になります。形が入り組んでいるような住宅は、角が多いため木材をたくさん切らなければならずその分手間がかかるため高くなりがちです。当然、間取りもシンプルにした方がお金がかかりにくいのは言うまでもありません。後は、水回りなどは必要最低限の設備にしておくことが重要です。いろいろオプションをつけようと思えばつけることができるものの、後になって使わないことも考えられますので、もし必要ならば後付けすればよいでしょう。

注文住宅のデメリット

自分の要望を反映でき自由度が高い注文住宅ですが、注文住宅にもデメリットはあります。ここではいくつかのデメリットをご紹介します。後悔のない一生の買い物のために、注文住宅を検討する際はぜひ参考にしてみてください。

好み通りの家にできる注文住宅

注文住宅とは建売住宅とは違い、注文者の好み通りの住宅を建てることです。壁紙や外壁の色などを自由に選べるため、思い通りのマイホームを建てることができます。